占いジプシーとは?

占いにハマっている方は、「占いジプシー」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
そもそも『ジプシー』という言葉は、移動民族のことを指しています。これに「占い」が付くと、自分の思い通りの結果を言ってくれる占い師を探すために、複数の占い師に短期間で鑑定を依頼してしまう人のことを指します。
つまり、一言でいうと「占い依存症」を指す言葉となるのです。

もし、自分が同じ質問を別の占い師に何度もしているというのなら、もしかしたら「占いジプシー」の可能性があります。
同じ質問を繰り返すということは、自分にとって満足できない答えばかりをもらっているということになります。納得できないから、自分の思い通りの結果を出してくれる占い師が見つかるまで、同じ内容の占いを繰り返してしまうんですね。

見事、自分の思い通りの結果を出してくれる占い師が見つかると、今度はその占い師に依存するようになります。
更に、別の質問で気に入らない結果がでると、また別の占い師を探すという負のループに陥っているのです。

万が一当てはまっていると思った方は、心理カウンセラーなどに相談して占いから少し離れてみたりしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る