神秘的なオーラ占いの基本

「オーラが見える」という占い師さんを見かけたことはありませんか?
オーラは生きている人ならば誰もが持っていて、放っているものです。オーラという呼び方は西洋のもので、東洋では気と呼びます。

オーラは色がついて見えるものと言われていて、同じ人でも体調や気分によって色やその様子が変化すると言われています。ただ、その人がもつ基本色というのは大きく変わることはありません。
つまりオーラはその人の事実を映し出していることになるので、その人の性格や特性、相性を占うのにとても適しているのです。
オーラの色は赤やオレンジ、黄色、緑、青、紫、白の7色が基本と言われますが、人によっては中間色を含んだりしますので正確に「何色ある」というのは難しいです。

「オーラを視る」占いなので対面占いでないとオーラ占いを受けられないと思いがちですが、オーラの色は生年月日や簡単な質問から導き出すこともできるため、電話占いなど直接会わない占いでも受けることが出来ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る